日本ビジネスマナー研修|日本ビジネス文化研修

日本でビジネスを行う際、日本のビジネスマナーや基本的なビジネス文化を理解していなければ、混乱やフラストレーション、失敗を招くことがあります。 シンカ・マネジメントのコンサルタントは、ビジネスレベルの日本語に堪能で、日本企業での勤務経験や日本企業との豊富なビジネス経験を有しています。

弊社では、文化やコミュニケーションのギャップを埋め、ビジネス成果を高めることを目的とした、日本のビジネスマナーやビジネス文化に関する研修やセミナーを提供しています。 弊社のプログラムには、日系企業の現地スタッフや日本人駐在員に対するサポートの他、日本とのビジネス関係の構築を検討している現地企業、あるいは既にビジネス取引のある現地企業へのサポートの提供が含まれます。

研修は、日本のビジネスマナーに関する単独のコースとして実施することも、多文化チーム・マネジメント研修と組み合わせて実施することも可能です。 研修に関する詳しい情報については日本ビジネス研修の詳細をダウンロード、もしくは、本ページ下のフォームからお問い合わせください。

日本ビジネスマナー研修

シンカ・マネジメントでは、オープン型の1日のビジネスマナー研修コースの他、お客様のご要望に応じたカスタム研修プログラムを、お客様の施設内もしくはオンラインで実施しています。 弊社の研修コースでは、日本の文化や企業構造、ビジネス慣習についての主な特徴を学んでいただけます。 セミナーでは、プレゼンテーションやビデオ、インタラクティブな学習体験、ディスカッションなどが行われます。 研修参加者には、コースの全内容が記載された研修ワークブックと修了証が提供されます。

日本のビジネスマナー

  • 日本の概要
  • 人間関係とヒエラルキー構造
  • 社会と慣習
  • 贈り物のマナー
  • 飲食のマナー
  • コミュニケーションと通訳
  • 人間関係の構築
  • サービスとプレゼンテーション
  • 日本への出張

日本とのビジネス構築

  • 日本企業の特徴
  • 日本人幹部層の考え方
  • 企業の価値観と意思決定
  • 人材管理
  • 経営文化
  • 会議の主催と出席
  • 交渉
  • 接待
  • 訪問団の受入れと準備

日本のビジネスマナー

相手の背景を少し理解するだけで、コミュニケーションや理解の問題の克服につながるのは素晴らしいことです。ビジネスで日本人と接するのに困難を感じてきた人々は、日本の国、人々、そしてビジネス文化について見識を深めることで、これまで不思議に思っていたことを明確にすることができるでしょう。

日本は魅力的な場所です。日本の人々、文化、習慣を学ぶことは楽しい経験であり、同僚と共に日本の昼食や夕食時の会合を卒なく楽しむスキルを身につけることは非常に有益なことです。また、日本を訪問することはさらに楽しいものです! 弊社の研修プログラムでは、日本について学びを深めながら、日本社会の特徴を探り、日本人の思考や行動がなぜ異なるのかについて考察していきます。

japanese business etiquette bow

日本のビジネス文化

日本のビジネスの世界はまるで別世界のように感じられることがあります。 関係構築や習慣、ビジネスマナー、娯楽を規定する日本の枠組みは、西洋や中東、アジアの文化における枠組みとは大きく異なります。 ここには、自分が気付かないうちに陥ってしまうような無数の落とし穴があり、そのような行為が日本のビジネス相手動揺させてしまう可能性があります。

日本のビジネス文化を理解することは、日本人の行動を観察する際にも、プレゼンテーションに耳を傾ける際にも、取引交渉をするに際にも役に立つ、代えがたいほど価値のあることといえます。

日本企業の特徴

日本の経営手法は、継続的改善、生産、品質、人材管理などの様々な分野で世界をリードしています。 しかし、海外の人々が首をかしげるような部分もあります。 例えば、日本の企業は意思決定の遅さで有名です。 日本人とビジネスをしている人々は、日本のビジネス相手が決断を引き延ばしたり、避けたりしていると、よく不平を述べています。しかし、決定を遅らせているのはその人個人なのでしょうか、それとも同僚でしょうか、はたまた会社の方針が影響しているのか、もしくは日本のビジネス文化の問題なのでしょうか。

日本企業の経営特性を理解することは、海外の日系企業で働く現地のマネージャーにとって極めて重要なことです。このような知識は、現地法人の運営を理解する助けになるだけでなく、日本にある親会社についての洞察も提供してくれます。本社がどのようにビジネスを管理しているかを理解することで、日本から伝えられる特定の決定の理由や、日本人駐在マネージャーらがこれらの決定事項を現地でどのように扱うのかを明らかにすることができます。

japanese business etiquette shake hands

日本でのビジネス

日本人とビジネスを行う際には、いくつかの重要なポイントに留意する必要があります。だからといって、相手を喜ばせるために決して無理をする必要はありません。弊社では、クライアントの皆様が、常に自分らしくあることを推奨しています。とはいえ、ビジネス成果を最大化するために健全な関係を築き、それを維持したいというのであれば、日本人とのビジネスを成功させるために必要となる個人が応えるべき期待やテクニック、考慮すべき点について理解することが有利に働きます。

日本企業で働く

現地で働く従業員は、日本の雇用主から期待されていることを認識する必要があります。これを無視すると、絶えず不安感や不信感を招き、パフォーマンスの低下を引き起こすことにつながります。

日本企業の現地マネージャーや従業員にはどのような役割が期待されているのでしょうか? 現地マネージャーたちは、このような期待に応じて、何に取り組むべきなのでしょうか。彼らは、マネージャーとして何をすべきなのでしょうか。問題解決に向けてどのような行動を取るべきでしょうか。部下をどう育成すべきでしょうか。日本のビジネスマナーは彼らに適用されるのでしょうか。

現地の経営陣は、日本の雇用主の下で働くことの意味を理解するために、時間をかけるべきです。 期待の背後にある真の意味を理解することで、現地社員の関与の度合いが向上するのです。

japanese business etiquette meeting

海外企業で働く日本人駐在員

日本企業は長い間、海外拠点を管理するために社員を派遣する制度を維持してきました。しかしながら、派遣された社員は、海外に数年滞在した後に移動するというケースがよくあります。 したがって、現地の環境下で、現地従業員を効果的に管理するためには、現地の文化をいち早く理解することが不可欠です。

シンカ・マネジメントは、このような日本人駐在員の置かれた状況を理解しています。 私たちは、彼らの日本のビジネス文化と、彼らの派遣先の国のビジネス文化を理解しています。 弊社では、日本人駐在員の方々のみに特化した研修プログラムと、現地従業員と共に受講できる研修プログラムをカスタマイズにて提供することが可能です。これらの研修は、それぞれ日本語と英語で実施されます。プレゼンテーションと学習内容のディスカッションを組み合わせたセッションは、文化とコミュニケーションのギャップを埋めるための大きな一歩となることでしょう。

Shinka Management 3712 scaled

進化し続ける日本との関係

日本は多くの国々にとって依然として極めて重要な貿易相手国です。

日本は、2000年のシンガポールとの自由貿易協定(日本では経済連携協定と呼ばれています)の提携を始め、メキシコマレーシアフィリピンインドネシアチリタイブルネイASEAN諸国ベトナムスイスインドペルー、また日豪経済連携協定を通じたオーストラリア、近年では欧州連合(EU)も含め、数多くの国々と協定を結んできました。日本はまた、アメリカ中東などの他の地域にも積極的に投資を行っています。

日本は、文化や言葉が大きく異なるにもかかわらず、これらの国々との間に強力な貿易関係を築いてきました。相互理解を深めることで、これらの国の人々にとって、日本との貿易関係をさらに促進できる可能性が無限に広がるといえます。

これらの地域への日本からの投資が増加するにつれ、現地の人々が日本を訪れることなく、日本人とビジネスをする機会が増えています。人事担当者は、大きく異なる企業文化からやってきた経営陣や同僚を理解し、彼らと関わるための最良のプラットフォームを社員に提供しなければならないという課題に直面しています。

日本ビジネスマナー研修に関するお問い合わせ

ビジネスマナー研修の実施について、弊社にご相談ください。